あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト







Muraimuneakiをフォローしましょう



村井宗明メルマガ登録
電子メールアドレス(半角):


2012年1月29日 「競り下げ入札」無駄切りに有効 東京新聞 朝刊

 政府が二〇一一年度から試験的に行っている競り下げ(リバースオークショ ン)入札で、大幅な歳出削減を期待できることが分かった。前年と比べ て約三 分の一の額で契約できたものもある。消費税率引き上げの前に、政治や行政の無 駄削減が叫ばれる中、政府と独立行政法人を合わせると年間約十 二兆円にのぼ る公共工事や物品購入など公共調達の契約額削減にも注目が集まりそうだ。

 競り下げは一定時間内に、業者が何回も入札し、最終的に一番安い価格を提示 した所が契約する方式。英国などの公共調達では一般的に行われてい る。  民主党政権は公共サービス改革の一環として導入を決定。一一年度内に九省庁 で計三十五回、コピー用紙、封筒、段ボール、パソコン関連の消耗品な どの購 入を対象に行った。

 前年の随意契約とほぼ同じ内容の発注で比較できる契約のうち、最も削減率が 高かったのは今年一月十三日に厚生労働省が行った「医薬品産業実態調 査報告 書」などの印刷。前年は九十三万六千四百円だったのが三十二万円で約三分の一 になった。前年の随意契約では同省が指定した二社から見積もり を取っただけ だったが、今回はインターネットで参加募集し、五社が入札して競争が厳しく なったことが価格引き下げにつながった。

 そのほか、同省が昨年十一月に行った「はたちの献血」ポスター印刷も45・ 82%減の四十万円で契約した。  国土交通省が同年九月に行った封筒の印刷のように前回より高くなった事例も あったが、政府・民主党は検証しながら対象を拡大していく方針だ。


村井宗明の関係サイトもぜひご覧ください
 
村井宗明のアメブロなう 村井宗明のアメブロ 村井宗明のGREE 
このページのトップへ

Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.